さて、前回の項目ではホームページ買取でも、確定申告に向けた帳簿付け=記帳のために、とりあえず書類を保管しておくことが重要であるとお伝えしました。

また、それよりも前に青色申告の項目で、青色申告が認められるためには、記帳は複式簿記で行い、貸借対照表を作成しなければならないということもお伝えしました。

そう聞くと途端に難しそうに思えますが、今では会計ソフトというものがありますので、特に会計・簿記の専門知識がなくとも記帳は難しくありません。

会計ソフトとは、1件1件の取引を入力すれば、後からそれを集計して、青色申告決算書や貸借対照表といった、確定申告のもとになる帳票を作成してくれる機能をもった便利なソフトです。

1件1件の取引の入力自体は、いくつかの勘定科目というものを覚えるか、取引毎の入力パターンを会計ソフトに覚えこませれば簡単です。
後はホームページ買取の様々な経理資料、領収書やレシートから金額を間違えないように入力していくだけとなります。

1月1日から12月31日まで、1年間の取引をもれなく入力すれば、自動的に青色申告決算書・貸借対照表の出来上がりです。

また、ホームページ買取事業の規模が大きく、消費税が課税されている場合でも、消費税の金額を気にしないで税込み金額で入力すれば、消費税も後から集計してくれます。

ソフトによってはさらに確定申告書本体、消費税申告書本体まで作成できますからありがたいですね。
もっとも、確定申告書や消費税申告書の本体まで作成する場合には、税金の仕組み・計算について、もう少し学習しなければならないことがありますが。

ところでホームページ買取事業に適した会計ソフトというものは存在するのでしょうか。
ホームページ買取事業の場合、どのように会計ソフトを選べば良いのでしょうか。

結論から言えば、特にホームページ買取に、お勧めの会計ソフトがお勧めと言うものはありません。
何度かお伝えしているようにホームページ買取は比較的シンプルなお金の流れになることから、特に会計ソフトに対して特別な機能を要求するといったことがないからです。

会計ソフトは、現在ではパソコンにインストールするもの、インストールしないでクラウド上で使うもの、大きく2つのパターンに分けられます。

どちらでも、小規模な個人事業者(ホームページ買取はほぼあてはまると思われますが)であれば、年間の使用料金は1~2万円程度に収まるでしょう。

多くの会計ソフトは無料体験版などが提供されていますので、いくつかの種類を試してみて、自分のフィーリングに合った会計ソフトを選ぶと良いでしょう。