ここまで、ホームページ買取事業者が開業する場合に行うべき届出、記帳や確定申告、給与計算や年末調整についてお伝えしてきました。

ひとつひとつはそれほど難しい作業ではありません。
しかしながら、1年間を通じて上記の作業を全て行うとなるとそれなりの作業量であり、そのために学習しなければならない知識も相当のものがあります。

ホームページ買取を開業されたばかりの皆様にとって、本来の業務を行いながら知識を習得し、事務作業を行っていくのはかなりの負担です。
そんな場合、それらの作業を外注することもできます。
その外注先が税理士であり、税理士事務所(会計事務所)です。

税理士は、他人の確定申告を代行することが認められた国家資格です。

もちろん確定申告だけではなく、開業段階の届出書作成、記帳や給与計算・年末調整まで、
お金に関するほとんどの分野はサポート可能です。

税理士によっては公的融資や助成金などのサポートも受付してくれる事務所もあります。
開業したてのホームページ買取事業者にとって、うまく使えばこれほど頼もしい味方はないでしょう。

もちろん、どの程度までサポートを依頼するかで料金は異なってきます。

例えば、ほとんど全ての経理関係業務を買取事業者が自分で行い、1年分の会計ソフトデータに基づいた確定申告書の作成と提出だけを依頼するのであれば10万円前後、あるいはそれ未満での依頼が可能かもしれません。

一方で、自分は何もせず、経理資料を丸投げしてすべてやってもらう場合はある程度の料金がかかります。

起業段階のホームページ買取事業者にとって、資金の使い方は慎重な検討が必要です。
一方で、あまりに慎重になりすぎたため、本来の業務がおろそかになるほどバックオフィスに時間が取られては意味がありません。

そのあたりのバランスを考えながら、税理士と打合せをされると良いでしょう。

ところで、税理士を探す方法として、大きくは以下二つになると思われます。
一、知人・取引先からの紹介 
二、インターネットでの検索

特に現在では、紹介よりも検索で探す方が増えてきています。
税理士業務は非常に個別性の高いものですから、Aさんにとってベストである税理士が、Bさんにとってもベストであるとは限りません。
もし紹介してもらった税理士を断ることになれば、した方もされた方もお互いに気まずい、そうであれば検索で探した方が良いということになるのでしょう。

また、ホームページ買取は新しいビジネスですから、このビジネスに詳しい税理士は少ない、紹介では探しにくい、という事情もあるかもしれませんね。