労働保険について、お聞きになったことはあるでしょうか?
労働保険とは労災保険と雇用保険(失業保険)を併せた呼び方です。
ホームページ買取事業の運営に当たり、、社員やアルバイトを雇う場合、労働保険が必要になります。

ホームページ買取はほとんどの場合、自分一人でスタートするケースが多いと思われますが、事業が軌道に乗って規模を拡大するとなると従業員が必要になってきます。

このように従業員を雇う場合、人数にかかわらず(つまり最初の一人目の従業員から)必ず労働保険は必要になります。

労働保険が備わらないままだと、従業員が通勤途中にけがをした場合、何らかの事情で退職した場合など、本来受けられる保険給付が受けられず、大きな労使トラブルにつながりません。

ホームページ買取事業は、建設業などに比べれば危険は少なく、人の出入りも激しくはありませんが、労働保険は業種に関わらず、全ての事業者の義務なので必ず加入するようにしましょう。

それでは簡単に、労働保険加入手続きの流れについて説明しておきましょう。
上述のように、労働保険は労災保険と雇用保険の2種類がセットになっています。

加入手続きもそれぞれの保険について、それぞれを管轄する役所で行わなければなりません。
順番は以下の通りです。
1、労働基準監督署で労災保険の加入手続きを行う。
2、公共職業安定所(ハローワーク)で雇用保険の加入手続きを行う。

加入手続きは、労働保険の対象となる最初の従業員を雇用した後に行います。
なお、労災保険は最初の従業員の時だけでOKです。
二人目以降の従業員については、ハローワークでの雇用保険手続きだけ行えば、労災保険には自動的に加入となります。

ホームページ買取の実務に忙しい中、労働保険の手続きは多少面倒とは思いますが、従業員のため、そして事業者のためにもなるものなので、忘れずに手続きしておきましょう。