ホームページ買取事業における1年間の様々な取引を全て記帳し終えたら、いよいよ確定申告です。
ホームページ買取事業はほとんどの場合、個人で運営されていると思われますので、ここでは個人事業者を前提として説明させていただきます。

個人事業者は毎年、1月1日から12月31日までの取引を集計することが義務付けられています。
法人の場合は1年間の区切りを何月何日にするか自由に選ぶことができるのですが、個人事業の場合は一律この12月31日で区切ることになるわけです。

そうして集計した12月31日までの売上や経費について、翌年の2月16日から3月15日までの間に管轄の税務署に報告して、利益(所得)が出ていればそれに見合った所得税を納めなければなりません。
この作業が確定申告です。

なお、所得税を納める期限も同じく3月15日ですが、口座振替を申し込むと引落しは4月中旬になりますので、少しでも支払いを遅らせたい場合は、口座振替を検討すると良いでしょう。

また、ホームページ買取事業がある程度軌道に乗って規模を拡大してくると、消費税がかかることになります。
(正確には売上が1千万円を超えた2年後から消費税は課税されます。)
消費税についても、所得税と同様に12月31日までで集計を区切り、確定申告を行うのですが、期限については所得税と異なり、翌年の3月31日までに行えば良いことになっています。

ホームページ買取でやるべきことは、事業だけではありません。
これまで見てきたように、開業の届出、書類の保管、会計ソフトでの記帳、確定申告と納税まで済ませて、ようやく一段落ということになるのです。

ところで、確定申告は申告書用紙に書いて税務署に持参するというイメージがありますが、10年ほど前から、電子申告というインターネットで申告書を提出する方法が広まってきました。

実際のところ、確定申告時期の税務署は非常に混雑しますので、自宅のパソコンから送信できる電子申告は、時間の有効活用からも取り組んでみてはいかかでしょうか。

電子申告には、証明書の取得・カードリーダライタの購入といった超えなければならないハードルがあるものの、ホームページ買取事業を行う皆様はそもそもITリテラシーが相当高い方が多いと思われますので、ぜひ一度ご検討下さい。