ホームページ買取事業への参入を検討されている方は、既に何らかの事業を運営されておられる方が多いのではないでしょうか。
つまり、ホームページ買取は新規事業進出、今はやりの言葉で言えば第二創業ということになりますね。

ここで注目したいのは、ホームページ買取は既存事業と非常に組合せのしやすい事業であることです。
例えば、まず思いつくのはホームページ制作会社ですね。
制作会社はふだん多くのホームページを生み出す一方、ホームページの閉鎖に関するご相談も多く受けておられることと思います。

その場合にもしホームページ買取事業を併営していれば、知識と労力の結集であるホームページをただ消し去るのではなく、そのホームページを必要としている誰かに引継ぎ、さらにそれによって自社も利益を得ることができるのです。これって素敵なことではないでしょうか。

さらに、ホームページ買取をお客様サポートの一つの手段として保持していれば、本業のホームページ制作事業においても、お客様へのアピールポイントが増えることになります。
お客様により大きな安心感を与えることができますので、本業に良い影響を与えることは間違いありません。

ホームページ閉鎖のご相談を、ホームページ買取という方法でクロージングすれば、お客様にご満足いただき、それが良い評判となって新たなホームページ制作受注につながることもあり得るわけです。

その他、各種士業やコンサルタント、保険や広告の代理店などなど、中小企業と接するあらゆる商売に、ホームページ買取事業はお勧めです。