【一、スマホと周辺機器】

1、品物について

機種変更をして使わなくなったスマホや、タブレット、イヤホン、充電器など、自宅に眠っていることは少なくないと思います。最近のスマホは二年間の分割払いが主流になっていて、機能的にも日々進化しているので二年経ったら買い換える方が多いのではないでしょうか。買い替えの際、携帯会社での下取りのシステムがありますが、それを利用しなかった場合などは専門の業者で買取をしてもらうことができます。
中古品の相場金額は、スマホの機種と状態によって決まります。未使用で最新のものだとかなりの高額で買取されています。スマホの中でも利用ユーザーが多い、iPhoneやXperia、Galaxyなどが人気です。タブレットだとiPad、周辺機器ではAppleが手がけるbeatsというヘッドホンやソニーのスピーカーなどが高値で買取されています。

2、中古品取引業者について

買取業者は年々増えており様々な業者が存在しますが、その中でも「ネットオフ」という総合買取店が有名です。ネットオフは店舗を構えておらずネット専門の買取店です。査定と送料は無料、査定から入金までのスムーズさ、独自のキャンペーンなどで多くの利用者から支持されています。

3、買取について

先ほどご紹介したようなネット専門の買取店では自宅から郵送するだけで査定をしてもらえますが、質屋やディスカウントショップなどの店舗型の買取り店だと持ち込んだその日に査定と入金をしてもらえるので、近くに店舗があれば一度査定してもらうことをおすすめします。付属品や保証書なども忘れずに持ち込んでください。

4、販売について

買取後のスマホや周辺機器は、店舗を構えているところだとそのまま販売されますが、それ以外だとほとんどがブラジルやインドなど、海外へ輸出されています。日本で型落ちの機種でも海外だと人気の品物になるのです。また、故障したスマホは部品を取り出し新たな製品として販売されたりもします。

5、業界の将来性

毎月の利用料金が安い格安スマホの進出やキャリアの乗換えで端末代一括無料などの過剰なサービスがなくなったことにより、SIMフリー化された中古スマホの需要が高くなっています。これらを考えるとこれからスマホの買取業界は盛り上がっていくと思います。

【二、バイクの買取について】

1、品物について

新しいバイクへ乗り換えたり、事故を起こしてしまった場合など、愛用していたバイクを手放す理由は様々だと思います。
バイクの買取の相場金額はバイクの年式や走行距離、車種によって決まりますが、大きく相場金額に関係するのはバイクの車種です。市場にあまり出回っていないような人気車種などは高値がつき、買取においても人気があります。
また、新しく綺麗に手入れされており、純正・改造ともに元々のパーツがきちんと揃っているバイクも人気があります。

2、中古品取引業者について

バイクの買取業者は、個人で経営しているバイク店か、大手のバイク買取業者に依頼する流れになります。大手企業の中でも「バイク王」が店舗数では国内最大級になります。全国に60店舗以上あるので買取をしてもらいたい時に最寄の店舗からすぐに出張で駆け付けてもらえます。バイク王ではネット査定と、無料の出張査定を行っています。バイク王に限らず他の業者もネット査定はあくまでもおおよその金額になるため、あまり当てにならないようです。しかし、大手ならではの信頼や手続きに関しての安心感はあると思います。

3、買取について

バイクの買取は、先ほどご説明したような中小か大手の買取店へ依頼するか、個人でオークションへ競り出す方法があります。しかし、オークションは相当の知識がないとトラブルになると共に、名義変更や自賠責保険の手続きなども行わないといけないので、買取業者へ依頼することをおすすめします。お店によっては無料で出張査定に来てくれるので納得いく金額であればそのまま買取してもらえます。車に比べると比較的簡単に手続きできます。

4、販売について

バイクが買取された後は、業者専用のオークションへ出品されるか、販売店へ流れます。また、海外への輸出も行われているようです。売れなかったバイクは、ばらしてパーツをオークションへ出すこともあります。

5、業界の将来性

最近では大手の買取業者などは、インターネットを活用して、いつでもバイクを買取できる環境になっています。また、事故や故障で動かなくなったバイクも買取してもらいやすいことから、これからもバイクの買取り業界は永く続いていくと思います。

【三、パソコンと周辺機器の買取について】

1、品物について

新しいパソコンの買い替えや、パソコンが故障してしまった時、古いパソコンは破棄をしなくても買取をしてもらうことができます。
また、買取相場に関しては、インターネット上で型番を入力するだけで価格が出るようになっています。しかし、それは、動作状態などに問題がない場合の買取上限金額になるので、実際の金額とは限りません。
買取業者にもよりますが、基本的に3~5年以上も前のモデルになると買取不可、もしくは買取の値段はつきませんが、お店によってはポイント付与してくれる場合があるので問い合わせをおすすめします。また、電子機器は日々進化しているのでモデルが古くなるにつれて買取の相場金額も下がります。買取業者によって買取強化しているメーカーは様々ですが、AppleのMacBookや、VAIOなどは、どの業者でも人気があります。
周辺機器のプリンタやモニタ、キーボードにも、それぞれ高値がつくような人気モデルがあります。パソコンと同様、年数が経っていると買取が難しくなるので、その時はパソコンなどとセット売りをしましょう。

2、中古品取引業者について

パソコン、周辺機器の買取で大手の会社でいうと「ソフマップドットコム」などが有名です。ソフマップでは、自分で郵送するか、店頭まで持ち込むか、自宅まで引き取りに来てもらうかの3パターンあります。買取実績も高い業者なので安心です。

3、買取について

買取は、買取専門業者か家電量販店にて行われています。いずれもHPなどでだいたいの相場を確認できるので、売ると決めたら店頭へ持ち込むか郵送で宅配をする流れになります。パソコンは個人情報などが入っているのでデータ消去をきちんと行ってくれる信頼ある業者を選びましょう。

4、販売について

パソコン、周辺機器はデータの消去、初期化、清掃を経て新たに販売されます。販売店を併用している場合は店頭で中古品として販売されますが、店舗がない場合はインターネットを介して販売されています。

5、業界の将来性

最近では、ある程度の機能ならタブレットでまかなえるので、パソコンや周辺機器の売り上げが落ちているようです。なので、以前に比べるとこの業界は落ち着きをみせていくと思います。

【四、衣料品(洋服)の買取について】

1、品物について

昔購入したまま着ていない洋服や、流行に乗って衝動買いしたままクローゼットに眠った洋服、サイズが合わなくなってしまった洋服の処分に困ったことはありませんか?ゴミとして処分するくらいなら買取してもらい少しでもお金になった方がいいですし、地球環境にもやさしいです。
買取価格に関しては、洋服にもハイブランドからノーブランドのものまでありますが、いずれも購入した時の価格の10分の1か、それ以下だと思っていたほうがいいです。
お店の特色にもよりますが、流行からはずれていないデザインのものや、タグがそのままついている状態の良いもの、ブランド品の洋服が人気があります。

2、中古品取引業者について

洋服は他の中古品に比べ買取業者が多く存在します。全国に500店舗あり利用者も多いところでいうと、セカンドストリートというお店が有名です。店頭買取はもちろん、出張買取とWEB買取があります。店頭買取と出張買取はその場で査定してもらい現金を受け取ることができます。WEB買取は送料、手数料無料で郵送のやり取りができます。買取金額に納得がいかない場合はそのままキャンセルもできるので、安心して利用できます。セカンドストリートでは、ブランドや洋服のテイストによって買取強化している期間があるので、その期間に売ると通常よりも高値で買取をしてくれるので次期を見計らうことをおすすめします。
また、同じ系列のお店でも買取金額が異なりますので納得がいかない金額なら何店舗かまわるのもありだと思います。

3、買取について

洋服は一番身近な中古品の中の一つだと思います。最近では高い洋服を長く着るというよりは、リーズナブルな価格で多くの種類を流行に合わせて着る傾向にあると思います。そのため、洋服が好きな方などはワンシーズン終わるごとに買取に出す流れが多いのではないでしょうか。また、着る機会はないけれど、もったいなくて捨てられない洋服なども買取されています。

4、販売について

買い取られた洋服のほとんどは、そのまま店頭かインターネットで転売されます。ファッションが好きな方は常に新しい洋服を求めています。中古品といっても、状態が良いものや現行モデルが定価よりもかなり安い金額で売られていることもあるので、数多くの中から探し出すのも醍醐味の一つですね。

5、業界の将来性

昔は買取店に持ち込み、査定してもらう方法しかなかったですが、最近では不要になった洋服を袋につめて郵送で送るだけで買取をしてもらえる「宅配買取」サービスが多く普及しています。手軽に利用でき、その上送料や査定料が無料の業者が多いので、以前より洋服の買取環境は良くなっていると思います。中古品の中で洋服は一番買取しやすい商品です。
また、洋服を焼却処分することにより、地球環境に大変な悪影響を及ぼしてしまいます。買取、再利用することにより地球環境問題にも大きく貢献できるので、これからも洋服の買取業界は大きく成長していくと思います。

【五、家具の買取について】

1、品物について

引越しや、大掃除、買い替え、遺品整理などで不要になった家具は処分する前に買取に依頼することができます。
家具の買取相場は様々な要素から決まります。まず、使用年数と状態です。有名ブランドの高級家具でない限り、使用年数に比例して買取価格は下がります。
次に、市場で人気のデザイン、色、ブランドかどうかです。
派手なものやシンプルなものなど、家具にも流行があります。
特に大きな破損や汚れがない限り、一般的に購入金額の10%前後が相場金額といわれています。
デザイナーズ家具やブランド家具は良くても購入金額の40%前後です
また、家具の中でもベッドやソファは新品で購入する傾向が強く、テーブルや棚などは需要が高いようです。

2、中古品取引業者について

買取り業者の中でも国内大手で有名なのは「オフハウス」です。
ハードオフグループのなかで家具を中心に扱っています。
大手ならではの買取体制が整っており、価値に見合った値段をつけてもらいやすいです。また、全国展開しているので売りたいときにいつでも利用できるのも魅力のひとつです。
また、電話予約をすると自宅まで出張買取で訪問してくれます。

3、買取について

家具の買取は、家具専門の買取業者か、先ほどご紹介したような総合のリサイクルショップが買取をしてくれます。
店頭まで持ち込まなくても、出張で自宅まで来てくれますが、買取りできるものと、できないものがあるので注意が必要です。
買取を断られる可能性がある家具は、傷や汚れがあったりデザインが古いもの、運搬が困難な家具などです。出張で来てもらったにも関わらず、買取してもらえず処分費用をとられてしまうこともあるので事前に調べておきましょう。

4、販売について

買取られた後の家具は、店頭もしくは自社のオークションで再販されています。また、業者によっては海外に再販ルートを持っているようです。

5、業界の将来性

最近ではIKEAやニトリなどのリーズナブルな家具の進出で、中古品よりも新品のほうが安い場合もあります。消費者も新しいものを好む傾向にあると思うので、これから家具の買い取り業界はどんどん衰退してしまうと思います。

【六、楽器の買取について】

1、品物について

ギター、ベース、管楽器、電子楽器など今では使わなくなった楽器がご自宅の隅に眠っていれば買取専門店で売ることが出来ます。
インターネットで楽器の種別やメーカー、ブランド名を調べると、おおよその相場金額が出るようになっていますが、楽器の状態次第で大きく金額が変わるので、実際に査定してもらわないと買取り金額は分かりません。
また、それぞれ楽器の種別ごとに人気のブランド、メーカーがあります。せっかく高値で売れるような楽器でも状態が悪いと金額が下がってしまうので、手入れをした状態で付属品がある場合は一緒に買取りに出しましょう。

2、中古品取引業者について

楽器の買取をしている老舗の楽器店があります。「イシバシ楽器」というところです。お店は札幌から福岡まで全国に18店舗あり、最寄に店舗がなくても宅配での買取りサービスがあり、送料・査定・キャンセル料無料です。運送保険完備なので、大事な楽器の運送も安心です。また、創業77年の信頼と実績があり、楽器査定専門スタッフが在籍しているので、安心して依頼できる買取業者だと思います。

3、買取について

楽器の買取は、楽器専門店や幅広く中古品を扱うリサイクルショップまで、様々な種類の買取店がありますが、リサイクルショップだと専門の知識を持ったスタッフがいないため、価値がある楽器も値段をつけてもらえない場合が多いです。それに比べ、楽器店では様々な観点から査定し、また、メンテナンスして再販することも視野に入れて査定してくれるので多少壊れている箇所があっても買取してくれることが多いので楽器専門店がおすすめです。

4、販売について

買取された後の楽器は手入れされ、楽器店やリサイクルショップにて再販されます。壊れた楽器でも、修理して再販可能な状態にしたり、パーツだけ取り出して販売することもあります。

5、業界の将来性

楽器は元々、高価な品物なので新たに音楽を始めたい方や、買い替えを考えている方からすると、中古でも良いという考えは多いと思います。
また、他の中古品と違い多少故障していても買取可能なのでこれからも楽器買取業界は衰退することはないと思います。


【七、着物(和服)】

1、品物について

成人式や結婚式で着た着物や、家族が使っていて何十年もタンスにねむったままの着物などをお持ちの方は多いのではないでしょうか。思い入れがあったり、高額で買ったものだからといって使わずに保管している方がほとんどだと思います。着物や訪問着、その他小物は一度使うとそれ以来着る機会は少ないです。そんなときは、振袖や訪問着問わず、小物も含め買取してもらうことができます。
着物の相場金額は、着物の状態、市場での人気、生地の素材や購入時期など様々な理由によって査定されるため、決まりはありませんが、一般的な着物は数万円ほどで、値段がつかない場合もあります。
また、着物は買取店によって金額にばらつきがあります。一ヶ所で決めるのではなく、きちんとした鑑定士がいる店舗に査定に出すことをおすすめします。
状態が良いことはもちろん、珍しい柄や作家物、人間国宝の品は高値がつきやすいです。

2、中古品取引業者について

全国規模で買取を行っていて、有名でおすすめの業者は「スピード買取.jp」です。
スピード買取.jpは出張買取・宅配買取・持込買取と3つの方法で買い取りお申込みが可能です。
出張買取ではなんと、申し込みから最短30分で査定員が駆け付けてくれます。着物は、ちゃんとした知識がないと数万円のものでも0円になりかねませんが、こちらの査定員は研修を受けており査定力にも定評があり安心できます。
査定料やキャンセル料はかかりません。買取が成立すると出張買取、持込買取ならその場で支払い、宅配買取でも即日入金があります。

3、買取について

買取り店は大きく二つに分けて、買い取り専門店かリサイクルショップがあります。おすすめは専門の買取店です。通常のリサイクルショップだと知識を持ったスタッフがいないため、高額で購入した着物も値段がつかない結果になってしまいます。
また、買い取り専門店にも先ほど紹介したような出張・宅配を行っているところもあれば、店頭買取のみの老舗の買取業者もあります。査定してもらい、納得がいく金額だとそのまま支払いが行われます。

4、販売について

買取後の着物は、染み抜きや仕立て直しをされ、新たな持ち主のもとへ再販されます。リサイクル着物店でのWEB販売やオークションなどへ出品されています。

5、業界の将来性

最近では、昔のように親から子へ高価な着物をプレゼントをするような文化も少なくなっていると思います。その代わりに、リーズナブルな価格で着物を楽しめるアンティーク着物の人気が高まっており、京都などの観光地では着物を着て観光するのが一つのイベントのようになっています。また、海外には日本の文化の着物ファンが多くいます。それに伴い、着物の買取はまだ成長するのではないかと思います。


【八、中古車の買取について】

1、品物について

新車に乗り換える際や、引越しなどで車を使う機会がなくなった場合など、中古車の買取を依頼する理由は様々だと思います。
中古車の相場金額は車種や走行距離によって決まりますが、買取の相場金額は全国のオートオークションを参考にしているため、毎日と言っていいほど変動しています。
中古車の中でも人気のある車は、ハイブリッド車やミニバン、輸入車などの指名買いされやすい車です。

2、中古品取引業者について

中古車の国内大手として有名なのは、買取日本一の規模を誇る「ビッグモーター」が挙げられます。全国に300店舗近くあり、今でも店舗数は拡大中です。買い取り専門店が多い中、ビッグモーターでは販売も展開しているので買取価格が高いことが一番の強みです。人気車種や状態が良い中古車は特に買取価格が高いようです。

3、買取について

中古車の買取は、先ほどご紹介したビッグモーターなどの買取店へ直接依頼するか、複数の業者で買取見積もりが取れる一括査定サービスを利用する方法があります。
最近ではインターネットの普及により、一括査定サービスが主流になりつつあります。愛車の情報と個人情報を入力することにより、その情報が複数の買取業者へ送られます。その後、業者とのやり取りがあり買取が成立します。複数の業者から連絡が来るという煩わしさはありますが、一度の情報入力で複数の見積もりが分かるメリットもあります。

4、販売について

買取された中古車は、2つのルートで再販されています。
一つ目の流れは、買取後、オートオークションと呼ばれる業者間のオークションへ出品され、そのオークションから中古車販売店が競り合い落札するという流れです。その後、中古車販売店から新しいオーナーに販売されます。このオートオークションという存在は中古車業界にとってなくてはならない仕入れ場所となっています。
二つ目は、オートオークションをはさまない流れの販売です。
販売も併用して行っている買取業者が買取り後、自社の店頭で直接販売します。

5、業界の将来性

先ほどご説明したオートオークションでは、通常の中古車のほか輸入車や事故車も数多く出品されており、全国に多数のオークション会場があります。その現場では秒単位で車の落札が行われており、想像以上のスピードで中古車のやり取りが行われています。また、海外では日本の中古車が非常に人気があり、海外のバイヤーも多数参加しているほどなので、中古車業界はこれからも盛り上がりをみせると思います。

【九、美術品の買取について】

1、品物について

美術品の中でも様々な種類があります。西洋美術の絵画、焼物、日本美術の浮世絵、日本画、掛軸、現代美術、東洋美術の中国書画、中国骨董など、古くから代々大事にしてきたものや、遺品として保管していて行き場所に困っているものでも、一度鑑定して買取してもらうことができます。
美術品の相場金額は他の中古品と違い、インターネットで調べて出てくるようなものではなく、作者や時期、様々な市場での販売事例をもとに決まるため、美術品に関して相当の知識を持った鑑定士に見てもらわないと相場は分かりません。
最近では、世界中の裕福層が投資するほど日本の古美術の人気が高まっています。中国では美術品を資産と考えるため、中国人の日本での爆買いの現象もおきているようです。

2、中古品取引業者について

美術品の買取で有名な買取店があります。「古美術八光堂」です。創業40年で、目利きある店主が鑑定を行っています。
銀座、京都、名古屋、福岡に店舗を構えており、TVで数多く取り上げられているお店です。
店頭へ持ち込むか、出張買取の流れになります。事前にメールで査定をお願いすることもでき、気軽に利用しやすいところも人気の理由だと思います。
これまでの実績と高価買取の口コミも多いので信頼できる買取店です。

3、買取について

先ほどご紹介したような美術品専門の骨董品店にて買取が行われています。お店にもよりますが、店舗買取、宅配買取、出張買取が基本になります。鑑定歴や買取実績が重要になります。

4、販売について

買取られた美術品は、自社の店舗で直接販売されたり、オークションへ出品されたりしています。先ほどご紹介した八光堂などは、販売ルートとして数多くの得意客を持っており、そのような人々へ直接販売が行われています。

5、業界の将来性

美術品は車や土地と違い税金がかからないため、美術品に投資する人々が増えているようです。また、減価償却に関するルールが変わり100万円以下のものであれば会社の経費として落とすことができるので、華を添える役割として会社のロビーなどに美術品を置く経営者も多くいます。
今でも美術品オークション市場は活気に溢れているのでこれからも美術品の業界は成長していくと思います。


【十、宝石貴金属の買取について】

1、品物について

宝石貴金属の中でも様々な種類があります。エメラルドやルビー、サファイア、珊瑚や翡翠、真珠などの宝石、金のネックレスやダイヤの指輪、プラチナのブレスレットなど、昔購入したり譲り受けたもので使わずに、自宅に眠っている方は多いのではないでしょうか。
また、身に着けるアクセサリーに限らず、ご家族から譲り受けた金の小判や、インテリアとして飾っているものに金のコーティングが施されたものも金として扱われるため、高価な買取が可能です。

宝石貴金属の買取相場金額ですが、2017年はアメリカの利上げで金相場が下落するといわれており、トランプ政策の影響が出る前に買取を依頼したほうが良いといわれています。金やプラチナは日々買い取り価格が変動していますが、金(24K)、1グラムにつき約4,700円、プラチナ(1000pt)、1グラムにつき約3,600円ほどです。
現在、貴金属の買取相場が高騰しているため、やはり金やプラチナ、シルバー、パラジウムが人気のようです。

2、中古品取引業者について

宝石貴金属の買取業者は全国において何社もありますが、中でも宝石買取で人気なのが「ドリーム」というお店で、宝石ブランド品の買取店です。
店舗は東京にあり、鑑定士が常駐しているのでその場で査定が可能。また、宅配買取もしており、宅配キットの送料や査定料無料で自宅にいながら買取をしてもらうことができます。
宝石貴金属は鑑定が難しく、特に専門的な知識が必要になるため、店舗によっては鑑定士の実績や経験の違いで査定額が大きく変わることもあるようなので、鑑定書や保証書などの付属品があれば必ず一緒に持ち込み、事前にお店の調査をしておくことをおすすめします。

3、買取について

バブル時代に購入し、今はデザインが古くなって使わなくなったり、プレゼントで貰ったはいいものの使わず保管したままだったり、家族から譲り受けた物を売ろうと考えている方は多いのではないでしょうか。

4、販売について

宝石貴金属は大半が買い取られた後に業者間で売買されるか、インターネット上で売買されています。
買い取り相手はジュエリー市場の成長が著しい中国や香港、富裕層が多く居るインドなどのバイヤーが多いそうです。質の高いジュエリーを求められており、世界中で価値が認められている宝石貴金属には様々な再販ルートがあるように思えます。

5、業界の将来性

宝石貴金属は他の中古品に比べ、流行なども関係なく、壊れてしまっていても金が含まれていれば買取してもらえます。錆びることも腐ることもありません。まだ自宅に眠っているものも多いと思うのでこれからも宝石貴金属の買取は成長をみせると思います。