前回の記事では、良いホームページを確実に短時間で入手できることがホームページ買取の最大の魅力であるとお伝えしました。

 

ところで、ホームページ買取に限らず、インターネットに関するあらゆるビジネスにおいて、googleの動向を無視するわけにはいきません。

 

そのgoogleによるホームページ評価を考えても、ホームページ買取は非常にお勧めと考えられますので、その理由をお伝えしましょう。

 

そもそも良いホームページとはどのようなホームページでしょうか。

 

その本質論に触れる余裕がありませんので非常に端的な表現をしますが、昔は、良いホームページとは良いドメインのもとに構築されたホームページという考え方がありました。

 

前の記事で、ホームページの大きな要素がドメインとコンテンツであることをお伝えしましたが、その両者のうち、googleの評価は相当程度ドメインに重きをおいていたと考えられます。

 

インターネットの世界でも、当初はサイト売買ではなく、ドメイン売買がビジネスとしては主流であったように思われます。

 

ところが2011年にインターネット世界に激震が走ります。

googleがパンダアップデート・ペンギンアップデートという考え方を導入したのです。

 

このアップデートについて端的に言うならば、googleが「ホームページで大切なのはコンテンツですよ」ということを明確にしたのです。

(もともとgoogleはそういう考え方でしたが、それを徹底することにしたのですね)

 

おかげで当時、貧弱なコンテンツしか持たない多くのアフィリエイトサイトが壊滅的な打撃を受けたと言われています。

 

このパンダ・ペンギンアップデートはこれからも続くgoogleの基本理念であり、今ではドメインだけの価値は、以前と比較すれば相対的には低下しています。

 

従って、今後はドメインとコンテンツをセットで入手できるホームページ買取、サイト売買が少しづつ市民権を得ていくのではないでしょうか。