アップル社のアイフォン発売以降、スマホは全世界で爆発的にヒットして、今では多くの人がホームページをパソコンだけではなくスマホでも見るようになっています。

但し、もともとパソコンの画面を念頭に作られたホームページを、そのままスマホの小さい画面に表示すれば、どうしても文字や写真が小さく、見づらくなってしまいます。

この問題を解決するために開発されたのがレスポンシブ技術です。
レスポンシブ技術では、スマホでホームページを見たときにその表示を自動的に組み替え、内容はそのままに文字や写真・イラストを大きく見せることが可能です。

当然、レスポンシブに対応しているホームページは非対応のホームページに比べてスマホユーザーから支持されることになります。
従って、ホームページ買取査定においても、レスポンシブ対応のホームページを優先的に買取すべきです。

さらに2015年には、googleがレスポンシブ対応のホームページを検索で優遇する方針を発表しています。検索順位でもレスポンシブ対応のホームページは優位に立つわけです。
(ユーザーフレンドリーを標榜するgoogleの基本理念に照らせば当然と言えるでしょう)

もちろん、レスポンシブ非対応のホームページでも、優れたコンテンツを有するホームページは数多くあります。
また、非対応のホームページでも、買取後にCMSやテンプレートを再構築することで、レスポンシブ対応型に作り替えることは基本的に可能です。

しかし、ホームページ買取査定はなるべく不確定要因を取り除き、収益につながる可能性が高いホームページを見つけ出すためのものなのです。

スマホ非対応を対応を作り替えるにはそれなりのコストが伴います。
作り替えに際して、デザインが大きく崩れてしまうリスクも懸念されます。
同じくらい優れたホームページが2件あり、一方がレスポンシブ対応、もう一方が非対応なら前者を積極的に買取すべきということがおわかりいただけるでしょう。