サイトボリュームは文字通り、そのホームページにどれだけのボリュームがあるかという意味です。
ページが多く、記事の文字数が多ければ、それだけ検索で上位表示される可能性も高まり、ページビューも多く稼げるようになります。
ユーザーの滞在時間も長くなることでしょう。

ホームページ買取では、買い取ったホームページを様々な用途に用いますが、どのような用途であれ、サイトボリュームが大きいことは確実に加点項目です。

そのホームページにどれだけのページ数があるか、調べる方法は実は簡単です。
googleの検索窓に「site:そのホームページのURL」と入力して検索すれば、インデックスされているページ数がたちどころに表示されます。
(googleにインデックスされていないページ数は表示されませんが、もしインデックスされていないページがあればそれは存在しないも同然なので、ここでは無視します)

現在の検索エンジンではコンテンツの質が重視されますから、ただページ数が多ければ良いというわけではありません。
しかし買取業者の側から見れば、やはり一定の目安を設定しておくほうが無難です。

あるテーマについて、それなりの記事をそろえれば少なくとも30ページは作成されるのではないかと思われます。
従ってホームページ買取査定でも、ページ数30ページを最低限のラインとすることをお勧めします。

ところで、サイトボリュームは一義的にはページ数ということになりますが、さらに進んで文字数・テキスト数も含まれるとお考え下さい。

と言うのは、いくらページ数が多くても、1ページあたりの記事が短くて文字数が少なければ、今の検索エンジンは「薄いページをたくさん作ってページビューを稼いでいるな」と簡単に見破ってしまうからです。

1ページあたり求められる文字数についても諸説ありますが、ほとんどのページで1ページ500文字以下のようなホームページについては、買取を避けたほうが無難と思われます。