検索結果画面から良さそうなホームページを見つけて開くとき、なかなか開かなくてイライラしたことはありませんか?
ほしい情報が充実しているホームページなのに、そのホームページ内の他のページを見ようとしてもなかなか切り替わらず、あきらめて他のホームページに移動したことはありませんか。

「ホームページが遅い」あるいは「ホームページが重い」と表現されるこの症状は、ホームページ買取査定においても十分に考慮しなければならない問題です。

もちろん、買取すべきホームページとはスムーズにページが表示されるものであり、逆に表示速度が遅く、訪問者がストレスを感じて離脱してしまうホームページはできるだけ避けるべきということになります。

また、検索エンジンのgoogleは、表示速度が検索順位に影響を与えることを公式にアナウンスしています。
つまり表示速度が遅いホームページは、googleの検索結果画面でも順位を下げてしまうということですね(もっとも他の要素に比べると影響は小さいようですが)。

それでは、ホームページの表示速度はいったいどれくらいが望ましいのでしょうか。

一説では、表示に3秒以上かかるホームページでは、その間に訪問者の約4割が離脱してしまうとされています。
そのようなホームページを買取しても、残念ながら収益につながる見込みは薄そうですね。

恐ろしいほどにスピードが要求される現在、欲を言えば平均の表示速度が2秒台前半でおさまることが、ホームページ買取査定でも基準となるラインではないでしょうか。

もちろん、そのホームページの主要コンテンツが文章なのか画像なのか、広告をどの程度掲載しているのか、表示速度についてはそういった要素も考慮することが必要です。

ホームページ買取後にそのホームページをリニューアルしたり、CSSやCMSを見直すことで表示速度を改善することは可能と思われます。

しかし、ホームページリニューアルにはそれなりのコストが伴いますし、表示速度についてはさまざまな要因が絡み合うことで、簡単に改善しないケースも多いようです。

何が原因で遅いのかはっきりしない、原因と思われる点をリニューアルしても速度が改善しないという事態があり得ます。

以前に「レスポンシブ」の記事でもご案内したとおり、査定はホームページ買取に伴うリスクをできるだけ回避するために行うものです。

ページ表示速度がストレスを感じさせるほど遅いなら、他のホームページ買取査定ポイントが高評価であっても、思い切って諦める勇気が必要でしょう。