ホームページ買取査定において、ドメインエイジは最も重要かつわかりやすい指標の一つです。
ドメインエイジとは簡単に言えば、「そのホームページは何年前から運用されているのか」を表す指標になります。ホームページ年齢と言い換えても良いでしょう。

現在ではドメインエイジを年単位どころか月単位で解析、表示してくれるような無料ツールが数多くありますから、買取業者にとってはありがたいことですね。

ホームページ買取査定でドメインエイジを重視するべき理由は大きく二つあります。

一つには、長く運営されているホームページであればコンテンツも充実しており、信頼性が高く、そのホームページのファンが多くついていると考えられることです。

そのホームページで取り上げているテーマも一過性のものではなく、長く関心を持たれる普遍的な内容であることが多いでしょう。

もう一つの理由は言うまでもなく検索エンジン対策です。

基本的に、今のgoogle検索ではドメインエイジが古いホームページが上位に表示される仕組みになっているようです。

従ってドメインエイジが古いホームページを買取すれば、コンテンツが充実してファンが多く、しかも検索上位に表示されるホームページの取得につながりやすいというわけです。

まさに良いことづくめですね。
ホームページ買取でドメインエイジを重視する理由がおわかりいただけると思います。

ちなみに、いわゆるドメイン売買の場合、以前に運営されていたホームページと、新しいホームページではそのテーマ・内容ががらっと変わることが少なくありません。

googleの発表では、このようなケースではドメインエイジをいったんリセット、すなわち検索で上位に表示される効力を失わせるとしています。

一方、ホームページ買取であれば基本的にホームページの内容もそのままに引き継がれますから、ドメインエイジの効力がリセットされることはおそらくないと考えて良いでしょう。

ここまでの内容で、ドメインエイジが古いほうが良いホームページ、買取すべきホームページということはおわかりいただけたと思いますが、それではいったい何歳くらいのドメインエイジが良いのでしょうか。

日本でホームページが作られだしたのは90年代後半ですから、ドメインエイジが20年近いホームページも存在するわけです。

しかしただ古ければ良いと言うものでもありません。
ドメインエイジだけは古いが、作った後ほったらかしにしていたホームページと、ドメインエイジは新しいものの、こまめに記事を更新してコンテンツが充実しているホームページなら、後者を買取すべきことは言うまでもありませんね。

ドメインエイジは重要ですが、あくまでもたくさんある査定ポイントのなかで比較的重視すべき項目に過ぎません。

ただ、作成して3年未満のホームページはまだ実力が見極めにくい、検索エンジンからの評価も安定しないと考えます。

ホームページ買取査定の基準とするのであれば、ドメインエイジ3年以上が一つの目安になるのではないでしょうか。